機能改善 領収データ発行機能にてインボイス制度の書式での出力に対応しました。 詳しくはこちらをご覧ください。

新機能 参加者によるイベント出席機能をリリースしました。今までは主催者による出席管理機能はありましたが、大規模イベント等での受付処理が大変とのフィードバックをいただいてました。今後はイベント作成時に発行される「出席コード」を会場現地や配信で共有してもらうことで、参加者自身でイベント出席登録を行うことができるようになります。これにより受付処理が容易になりますので、イベント主催者の皆様はぜひご活用ください。詳しくはこちらのニュース や 特集ページ をご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Feb

4

【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう!Symbol版人狼も同時開催!

ハンズオン形式です!ブロックチェーンエンジニアがリードします!(^^)!

Organizing : ほっしー

Registration info

オンライン枠

Free

FCFS
12/15

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

🔗概要

ブロックチェーンアプリ開発に興味はありませんか?
今回の勉強会は現役ブロックチェーンエンジニアによるハンズオン形式で実施します。
メタバース上で解説を聞きながら自分も手を動かし、
ブロックチェーンアプリ開発の基礎力を身につけちゃいましょう!

🔎構成

全?回+αのシリーズ企画です。
XEMBook氏の公開ドキュメント(速習Symbol)を、解説を織り交ぜながらなぞっていきます。
質問は随時またはイベント終了後に、なんでもお寄せください!
全て受講後は、誰もがブロックチェーンをアプリに組み込む事ができるようになります。

また、速習Symbolを修了した人にはXEMBook氏から修了証トークンが付与されるとのことです!※諸条件あり
修了証案内
nem Japan UserGroup

📝ハンズオン(第5回)の内容

  • 環境構築
  • ハンズオン:第9章マルチシグ
  • イベント:Symbol版人狼
  • 質疑応答・BCアンケート

※ブロックチェーン版限定ジャンケンは、前回みなさまから好評をいただいたので継続して企画予定です^^
ただ、ブラッシュアップが必要な点がありましたので次回開催は追ってご案内いたします。

前回までの講義補足資料はこちらからご確認ください⛱️
第1回資料 Symbolブロックチェーンとアカウントについて
第2回資料 速習Symbol5章の準備とフルオンチェーンNFT作成について
第3回資料 DIDについて
第4回資料 ロックについて

📒ドキュメント(XEMBook氏の公開ドキュメント)

速習Symbolブロックチェーン

❓Symbolブロックチェーンとは

NEMの後継であり、通貨はXYMです(日本でも一部取引所に上場中)
開発者フレンドリーなブロックチェーンで、APIで機能が提供されているため自分の好きな言語で使う事ができ、他のブロックチェーンに比べて学習コストも低めです。
今回は開発環境を揃えるために言語はJavascriptを使います。
様々な機能を有する独自のトークンを発行したり、複数の取引を不整合なくまとめて実行できるアグリゲートトランザクション、複数人での署名ができるマルチシグなど、面白い機能が目白押し。

🐺人狼とは

ゲーム概要

人狼ゲームとは、村人陣営と人狼陣営に分かれて、自分の陣営の勝利を目指すゲームです。
村人陣営は議論を重ね、誰が人狼なのかを推理していきます。
人狼陣営は正体を隠しながら、村人陣営の議論を引っ掻き回します。
引用&詳しくはこちら

Symbol版実装アイデア

今回のハンズオンで学習する【マルチシグ】や【暗号化メッセージ】を用いて、
オンライン上でも"可能な限り不正を排除したゲーム設計”を実装。
ゲームを楽しみながら、Symbolの機能を学んでいきます。
※今回は両陣営ともに役職はありません。

メタバース版実装アイデア

昼🔅と夜🌙のスペースを切り替えて世界観を演出。
また、アバターの動作(拍手・ジャンプ・いいね・ダンスetc..)による意思表示で
議論を引っ掻き回すことも可能。

🙋🏻‍♂️対象者🙋🏻‍♀️

  • 4回目までの勉強会に参加済みの方、もしくは事前に速習Symbol8章までを独習できる方
  • ブロックチェーンアプリ開発に興味がある人
    ※プログラミング初学者以上を想定しています。
    (変数の利用や四則演算ができるレベルであれば大丈夫)
    ※内容の性質上、可能な限り時間通りの参加をお願いします。
    ※速習Symbolに初めて触れる方や内容に難しさを感じられた方は『聞いて学ぶこと』に徹していただければと思います。
    (必要に応じてイベント終了後に個別対応を致します。)

🧑🏻‍💻発表者プロフィール

ネットワークエンジニア(8年)=>整体師(6年)=>ブロックチェーンエンジニア。
主な技術python,js,flutterなど個人開発で色々使いました。
個人開発で生活していこうと思っていましたが、数打つも軌道には乗らず、、
しかし作ったものをTwitterで見つけてもらい、今の会社に就職出来ました!
趣味でやってた事が仕事になるなんて夢にも思いませんでした😊
みなさんとも、個人開発の楽しさを一緒に共有していけたらと思います!
note:個人開発者がブロックチェーンを活用したサービスを3ヶ月でリリースした話
twitter

🛖会場イメージ(熱い支持のため継続利用!)

Imgur ※上記はハンズオン内容を分割して番号を振り、その画像を壁紙として配置。
参加者は自身の進捗状況に合わせてアバターを操作。
「自分はいまこの内容に取組んでいる」ことを明示することで主催者や他参加者とのコミュニケーションが図りやすくなる設計をしています。

spatialとは

イベントや展示会、ミーティングなどを無料で行うことができるメタバース空間です。 オリジナルスペースを作成することもできます。 spatial

特徴

  • アバターを介することで、参加者の状況をより明確に把握できます。(Zoon等ビデオ会議ツール比較。当コミュニティ比。ぜひ体感してください!)
  • 開放感あふれるオープンスペース、もしくは京都らしさを感じられるスペースを利用
  • 特定のキーボード入力で、リアクションが取れる!

メタバース上でハンズオンの理解度を把握するため、次のリアクションを活用します。^^
例えば・・・

  • わかったとき:拍手
  • わからないとき:ジャンプ
  • 講義の進捗状況に応じたアバターの移動 など

📦事前準備物

  • PC
  • イヤホン
    ※VRゴーグル等、特別な機材は必要ありません。

🕐タイムスケジュール

時間 内容
13:00~ 発表者自己紹介
13:10~ ハンズオン開始
14:00~14:10 休憩
14:10~14:50 イベント
14:50~15:00 振返りと次回告知

📣お知らせ

各回のアンケート結果をSymbolチェーンに載せて公開していきます!🔗

第2回のアンケート結果はこちらです。
第3回のアンケート結果はこちらです。
第4回のアンケート結果はこちらです。

過去資料をconnpassにアップしていきます📚

⚠️注意事項

  1. 本勉強会は学習カリキュラムにおいて暗号資産(XYM)を用いますが、
    暗号資産(コインやNFT)その他金融資産等への投資や売買に関するお話はご遠慮ください。
  2. spatial接続時には同じ場所(物理的)に集まらないようにしてください
    2人以上が同じネットワーク回線に接続した場合、ネットワークがとても遅くなり、音声が聞こえなくなったり、スペースへ入れなくなる可能性があります。

🔅参考

過去に反響のあったイベント例

転職の相談も随時受け付けています。よかったらどうぞ〜〜( ◠‿◠ )

  • 職務経歴書の書き方は?
  • 面接官や現場責任者からみたあなたの職務経歴書の強みと弱みは?
  • ポートフォリオはどんなものを提出したら良い?提出の意味とは?
  • ポートフォリオはどんなところが評価される?意識すべきポイントは?
  • 実務未経験エンジニアはどんなところをアピールしたらいい?

発表者

Feed

Tomohiro Iida

Tomohiro Iidaさんが資料をアップしました。

02/05/2023 14:36

Tomohiro Iida

Tomohiro Iida wrote a comment.

2023/02/04 13:09

spatial.ioに接続が難しい人がいるかもしれません。 お困りごとがあればDMください!

Tomohiro Iida

Tomohiro Iida wrote a comment.

2023/01/24 22:09

参加者のみなさまへ 開催内容がうまく反映されておらず、誤った情報をお伝えしておりました。申し訳ありません。現在記載している情報が正確なものですので、改めてご確認いただければと思います。よろしくお願いいたします。※今回は限定ジャンケンはありません。

Tomohiro Iida

Tomohiro Iida published 【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう!Symbol版人狼も同時開催!.

01/23/2023 12:36

【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう! を公開しました!

Group

みやこでIT(MIT)

京都を拠点に、様々なバックグラウンドや技術を持つ仲間が集まるコミュニティとなりました。

Number of events 69

Members 217

Ended

2023/02/04(Sat)

13:00
〜 15:00

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2023/01/23(Mon) 12:36 〜
2023/02/04(Sat) 15:00

Location

メタバース(spatial)

オンライン

メタバース(spatial)

Attendees(12)

Tomohiro Iida

Tomohiro Iida

【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう! に参加を申し込みました!

sz

sz

【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう!に参加を申し込みました!

hiro1122

hiro1122

【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう!に参加を申し込みました!

abys-tm

abys-tm

I joined 【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう!!

HT

HT

【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう!に参加を申し込みました!

mikun

mikun

【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう! に参加を申し込みました!

kobakaku

kobakaku

【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう!に参加を申し込みました!

kenta2023

kenta2023

【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう!に参加を申し込みました!

Lehman2008

Lehman2008

【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう!Symbol版人狼も同時開催!に参加を申し込みました!

yukiyama99999999999913

yukiyama99999999999913

【第5回】ブロックチェーンアプリ開発に挑戦しよう!Symbol版人狼も同時開催! に参加を申し込みました!

Attendees (12)

Canceled (2)